リフォーム

まずは、知っておきたい住宅リフォームの依頼先種類!

マンションであっても、戸建住宅であっても、住宅購入をしたときに、いずれは直面する要素となるのが「住宅のリフォーム」です。まず、リフォーム関連のお話する前に、「住宅リフォームを依頼先にはどんな種類があるのか」を記しておきたいと思います。

 

1)ハウスメーカー・住宅建材メーカーのリフォーム部門

知名度といった意味では、最も親しみが深いのではないかと思われるのが、「ハウスメーカー・住宅建材メーカーのリフォーム部門」です。今後は益々新築住宅の建設数減少が想定される中、住宅リフォームが主力のひとつとして考えられるようになってきました。

 

2)工務店・リフォーム工事専門店

従来からリフォーム工事の主力的な位置づけとなっているのが「工務店・リフォーム工事専門店」へ直接、リフォーム計画・工事を依頼する方法です。ただ、近年は、知名度(広告など)から大手ハウスメーカー・住宅建材メーカーが主力に台頭してきている状況です。

 

3)建築士(一級建築士・二級建築士)を通じた依頼

建築士からのリフォーム計画提案を基に、希望・要望とのすり合わせを行いながら計画内容を決めていきます。そして、リフォーム計画が決定後、リフォーム工事を行う業者(主に工務店)を選び、工事発注する方法です。「設計(リフォーム計画)」と「工事(リフォーム)」は、それぞれ別の技術者が行うことになります。

 

4)職人及び各建材専門業者へ依頼

リフォームといっても、具体的な住宅設備の改修が対象(部分的なリフォーム)といった場合には、各職人及び建材専門業者へ直接リフォームを依頼する方法です。具体的な補足はまた後ほど。

 

 

住宅リフォームにも、規模・範囲によって種類があることを理解しておきましょう。

次に、理解しておきたいのが、住宅リフォームにも種類があるということ。規模や改修範囲・対象によって、リフォームの特性が異なるのです。具体的に特性などに関しては、後ほどまどめてお話いたしますので、ここでは、簡単にリフォームの分類を示しておきたいと思います。

 

a.間取りの変更を含めた、住宅リフォーム。

b.間取りの変更は無い、仕上げ(建材)・家具(造作)主体の住宅リフォーム。

c.給排水・浴室など住宅設備の機能改善のリフォーム

 

リフォーム依頼先の特徴(メリット・デメリット)

リフォーム依頼先の種類(4種類)があることを先に記しましたが、それぞれ異なる特徴(メリット、デメリット)が存在しています。住宅リフォームを依頼する上では、それら依頼先の特徴をきちんと把握した上で、依頼をすることが大切なんですね。

リフォームの失敗を招く要因のひとつが、適材適所の依頼が出来ていなかったというケースがあるからです。

 

1)大手ハウスメーカー・住宅建材メーカーの場合

大手ハウスメーカー・住宅建材メーカーの最大の特徴と言えるのが、すでに「トータルコーディネイトされた、インテリア計画パターンを有している」ということです。特に住宅建材メーカーの場合は、その傾向が強くなります。

例えば、大手建材メーカーとして、「LIXIL」「パナソニック」などがリフォームに参入していますが、各企業ともに、ユニットバスからトイレ、キッチン、建具、フローリング、タイルなど様々な住宅設備及び住宅建材を自社で取り扱っています。

それゆえに、それら建材の特徴を良く認識しており、基本的に自社製品でのインテリアトータルコーディネイトに優れているんですね。ですから、各ブランドが好みに沿っている場合などは、お気に入りのメーカーリフォームを選ぶといいかと思います。

反面、メリットともなっている特徴がデメリットともなっています。 例えば「LIXIL」であれば、基本的にLIXILの関連商品(住宅設備、建材)でリフォーム計画が提案されることとなります。これは当たり前のことではありますよね。大手ハウスメーカー・建材メーカーがリフォームに参入しているのは、それが主の目的なんですから。

ゆえに、同じようなイメージの「フローリング材」が他のメーカーにもあった場合、そちらを活用したほうが、価格的にかなり安いというケースが多々あるわけです。でも、基本的に自社で取り扱っている建材の中からの選択となりますので、他社製品を使用できないわけではないのですが・・実態としては、使用できない方向で話が進みます。

この要素が、基本的に「融通性が低い」ことに繋がっています。顧客の要望に対して、臨機応変に本物の自然素材主体のリフォームデザインとしり、逆にモノトーン無機質イメージのインテリアにするといったデザインの多様性は無いのです。

また、基本的に「建築施工」が本職ではありませんので、工事は外注業者を活用しているんですね。それゆえに、正直「施工技術レベルが低い」と感じられる割合も多く、「工事担当者(職人も含む)の施工に対する意識が低い」人が少なくありません。これは、私が実際に仕事を通じて度々感じることです。(もちろん、技術レベルが高かったり、工事監理担当者の意識が高い場合もあります。ただ、一般的な割合から考えると、そのような傾向があるということです。)

「主体として自社建材利用」「工事は外注」といった要素が重なって、結果としては『割高なリフォーム工事』となる傾向があることは、しっかりと認識しておいていただければと思います。

-メリット-

*大手企業というブランド感

*安定感のあるトータルコーディトされたインテリア提案

*ブランド(建材)が好みに適している時には、最適。

*リフォーム「a」「b」の時に有効。

 

-デメリット-

*割高なリフォーム工事

*あまり自由な リフォーム提案は出来ない。(限定された提案イメージ)

*工事の技術力(工事管理力)不足の傾向あり。

 

 2)工務店・リフォーム工事専門業者の場合

新築建物施工をも行っているのが「工務店・建設会社」です。新築建物施工は行っておらず、リフォーム工事を行っているのが「リフォーム工事専門業者」といった位置づけとなります。最初に記しておきたいのは、リフォーム工事専門業者の中には、『建設業許可』という資格(免許)を有していない会社が多々存在しているということ。

まずリフォームを依頼して良いのは、「建設業許可」の資格を有している業者と心得ておいていただければと思います。

その上で、工務店の最大の特徴が「施工のプロ」であるということです。ただし、これは当然のことながら、その技術レベルには、会社ごとに大きな格差があることは、認識しておいていただきたい要素となります。それでも、大手建材メーカーなどへの依頼と比較すると、施工に対する意識は高い傾向があるものと感じています。

ただ、デメリットとなるのが「提案力不足」。正直、大手ハウスメーカーや建築士を通じてインテリア計画提案を依頼するのと比較すると、二枚落ちと言えるのではないでしょうか。でも、それはテメリットというよりも、特性のひとつということなんですよね。

一般的には、「お手頃価格のリフォーム」が実現できるのが、工務店などに依頼する方法となります。ゆえに、単純に「古くなった部屋を元のような、きれいな部屋にしたい」といった原点回帰のリフォームであれば、工務店に依頼する方法をおすすめしたいと思います。

しかし、お部屋の新しいイメージ作りや使い方を含めたリフォーム(付加価値の創出)を望むとき。リフォーム費用が高めでも良いと考えるのであれば、「大手ハウスメーカーなど」へ。新たな居室イメージ(居室の付加価値)とお手頃なリフォーム価格を両立したいのであれば、「建築士」への依頼が望ましいものと考えいます。

 

-メリット-

*施工技術力を活かせる。

*原点回帰のリフォームなら、最もお手頃価格となる。

*リフォーム「b」「c」の時に有効。

 

-デメリット-

*低い提案力。(付加価値のある居室イメージ提案には不向き)

*業者によって、技術力に大きな格差が存在。

 

 

3)建築士の場合。

建築士にリフォーム計画を依頼する時には、「リフォーム提案」を建築士に依頼。「施工」は、工務店に依頼することになります。建築士への依頼においては、変な企業間のしがらみなどがありませんので、顧客要望に沿った自由な提案が可能となります。

どのメーカーの建材を活用しなければいけないなどといった制約がありませんからね。住宅に付加価値をもたらすリフォームをしたい時には、建築士へ依頼するのが最善の方法となります。

また、リフォーム設計と施工が分離されていますので、工事が正しく行われているかをチェックする「工事監理」が可能となります。それゆえに、施工トラブルが絶えないリフォーム工事ですが、最も「施工不良の少ないリフォーム」を実現することが可能となるのも、建築士にリフォーム計画を依頼したときのメリットとなります。

ただ、建築士である私が言うのもなんですが・・。

「工務店」以上に「建築士」は、人による格差が大きいのがデメリットとなりうるんですよね。デザイン重視で、施工技術などの知識に疎い建築士もいれば、逆に、機能性重視で施工技術・知識もしっかり有しており、住宅機能としては高いレベルの計画とすることができるもの、デザイン力に乏しい建築士も存在しています。

もちろん、その中間に位置する、デザイン力と施工知識をバランス良く有している人もいます。建築士だからといって、デザインに優れているわけではけしてないんですよね。(苦笑)

また、「コミュニケーション力」も重視しておきたいポイントです。リフォーム計画を推進する上では、お客様に対して、コミュニケーションがしっかりと取れる建築士であることが、良きリフォームとなるポイントでもあります。ゆえに、建築士選びをするときには、まずは「電話」で簡単なご相談(質問)をしてみていただければと思います。

電話でのやり取りだけでも、なんとなくコミュニケーション力の有無ですとか、もうひとつ相性的なもの(依頼者側から見て、なんとなく良いなあと思える人がどうかも大切なポイントとなりますので)も確認いただければと思います。

 

-メリット-

*新しい居室に生まれ変わったような付加価値ある住宅リフォームが可能。

*しがらみなく、自由なリフォーム計画が出来る。

*工事監理を通じて、施工不良の無い(少ない)リフォーム工事に。

*リフォーム「a」「b」の時に有効。

 

-デメリット-

*人によって、デザイン力・技術力に大きく格差がある。

*デザイン重視傾向の建築士の場合、その人の個性イメージが優先されやすい傾向も。

 

 

4)職人・専門業者の場合。

UB01

結論となるような話のみを記しておきたいと思います。リフォームの種類の中で部分的なリフォーム(機能回復の改修)の場合には、職人及び専門業者へ直接依頼することをおすすめします。

例えば、「壁の一面だけを漆喰壁としたい」「居室のフローリングのみを交換したい」「ユニットバスのみの改修」「システムキッチンのみの改修」といった場合には、各専門職人及び専門業者に依頼したほうが、費用的にも最も安くなりますし、機能的にも、充実したものとなります。

これらのケースでは、特に「大手ハウスメーカーなど」「建築士」に、依頼するのは無駄といいますか、もっいないので。(笑)

 

*リフォーム「c」の時に有効。

 

『リフォーム設計料』の話

価格比較をする上で、話題となるのが「設計料」なのかもしれませんね。ひとつ覚えておいていただきたいのは、どこに依頼しても、相応の設計料はかかっている ということです。建築士に依頼したとききは、かならず「設計料」と項目を記して表記されますが・・。

大手ハウスメーカーや工務店に依頼したときは、「設計料」という項目は記されていないことが多々あります。工務店などでは、「設計料は無料です」などと謳い文句として表記しているところもありますが、それに騙されないようにしてくださいね。

単に設計料と表記していないだけで、「工事費用や諸経費」の中に設計料相当の費用が含まれてい(隠されている)ますので。設計料はかならず存在しているものと考えて、設計料の項目有無によって、高いか安いか(お得かどうか)などを判断しないようにすることが大切です。

 

リフォームに関して、何かご相談・質問などありましたら下記からメールにてご連絡いただければと思います。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

内容 (必須)
内覧会同行検査に関するご質問など。セミオーダー造作家具に関するお問い合わせ。当HPに関するご質問。その他のお問い合わせ。

題名

メッセージ本文

 

sponcord-link