注文住宅
Pocket
LINEで送る

建売住宅と注文住宅の本質的な違いを理解しておきましょう!

 

戸建住宅を購入しようと考えた時、最初に課題として挙がるのが「建売住宅」と「注文住宅」のどちらが良いのかという悩みではないでしょうか。同じ戸建住宅であっても、建売住宅と注文住宅では、いろいろなカテゴリーにおいて違いが存在しているものです。

「価格」「土地付き条件」など様々な違いがありますが、ここでは、住宅としての本質的な違いとなる要素をご紹介しておきたいと思います。

 

 

「建売住宅」と「注文住宅」で丁寧さに違いがあると感じられる理由!

 

よく、建売住宅は手抜き工事が多く、注文住宅のほうが丁寧に作られている傾向があるといった話が情報として流れていますが、基本的に「施工ミス・施工不良」は建売住宅であっても、注文住宅であっても、存在するものです。

ただ、確かに「注文住宅」のほうが丁寧に施工がなされることが多く、「建売住宅」の場合には、丁寧に作られている住宅と丁寧さに欠ける住宅の格差があるとともに、それらが混在している傾向があります。

それは、現場監督や職人の力量による影響があるからなんですね。簡単に言うと、「注文住宅」を手掛ける担当者(現場監督や職人さん)は、どちらかというと丁寧な仕事をするような人が選ばれる傾向があるから。

企業としても、注文住宅を任せるに足りる人を現場監督としたいと考えるのは当然のことですよね。逆に、「建売住宅」の場合には、丁寧さに欠ける(知識・経験に欠ける)人が現場を担当することも多いため、一般的に「建売住宅」よりも「注文住宅」のほうが、出来が良いと感じられやすいものと思っています。

 

 

あるがままの住宅を購入するのが「建売住宅」

「建売住宅」と「注文住宅」の違いの中で最も本質的な要素となるのが、『建売住宅は、販売されている商品をそのまま購入するもの』であるということです。これが他の様々な要素にも影響を与えることとなっているんですね。

近年、建売住宅にも関わらず、建設前に販売を開始して、住宅購入を決めてから、住宅工事が始まるというケースも多くなっています。このような「青田売り」とも呼べる状況が増加するとともに、建売住宅購入に関連した、トラブルも増加してきているものと感じています。

原則的な話をすると、建売住宅の場合には、内覧会時に何か不具合と思える要素が見つかったとしても、それが「明らかに機能性を害する状態(水漏れなど)」であるか「各種法規制に反した状態」となっているときだけなんですね。

実際には、法規的な基準値以内であったとしても、機能的にその状態では好ましくないというようなことも度々あるのですが、修繕要望をしたときに、その要望に対応するかどうかは、施工担当者次第(担当者の判断ひとつ)ということになるわけです。良心的な人であれば、快く補修対応していただけますし、そうでない場合は、対応いただけないわけです。

でも、本来のように「完成している住宅を見てから購入」であれば、上記のような対応でもちろん問題ないのですが・・。工事前に販売した建売住宅の場合には、法規制に関わらず、機能的に気になる状態や不具合と思える要素は、補修対応に応じるのが、当たり前のことと思うんですけどね。

実際には、工事前に販売を行った建売住宅であっても、大半は補修要望に応じていただける(良心的な対応)のですが、概ね3割~4割程度の割合で、快くは対応していただけないケースがあることは、しっかり認識しておいていただければと思います。

 

「注文住宅」は契約内容(設計図・仕様書など)に準じていなければ、是正してもらえる。

対して、「注文住宅」の場合には、「法規基準」「機能性」が満たされていないときはもちろんのこと、設計完了時点で確認した内容(設計図・仕様書など)に対して、違いがあったときには、それを是正してもらうことが出来ます。

簡単に言えば完成した時点で気になった要素や機能的な要素は、きちんと修繕対応していただけるということ。案外、この差が建売住宅と注文住宅の質の差として感じられやすいのかもしれませんね。

 

自分たちの価値観が反映できる「注文住宅」

注文住宅

 

一生のその住宅に住まい続けるつもりであれば、やはり「注文住宅」のほうが、生活レベルに大きな差が生まれるものと思います。たったひとつの要素でいいので、自分たちの「価値観」が反映された空間となっているかどうかは、後々に生活の楽しさに大きな影響を与える要素となるんですね。

一般的な低価格帯の建売住宅だと、部屋の仕様(壁、床の仕様など)はどれもほとんど同じものとなっています。壁は白色のクロス張りで、床はフローリング張り、キッチンは低価格帯仕様といった感じで、正直同価格帯の新築マンションと比較すると、はるかに質が落ちている印象なんですよね。

戸建住宅の魅力に欠けている・・それが正直な感想です。

天井に本物の木材を活用してみたり、庭の代わりに木製デッキを貼った設計としてみたりするだけで、住宅空間の使い方自体が大きく変わるものです。

*今後、記事文章を追記していく予定です。