住宅ローン
Pocket
LINEで送る

建売住宅にしても、新築マンションにおいても、住宅購入時の課題となるのが「住宅ローン」ですよね。

現金決済が出来る方は、極々少数。大半の方が、新築住宅の購入仮契約を結ぶ前に、金融機関の住宅ローン審査を受けることとなります。

 

何の疑いも無く、不動産会社の提携ローンを受けてしまっていいのでしょうか?!

 

新築住宅を購入するときに、ひとつの壁(課題)となるのが『住宅ローン契約』ですよね。

多くの方が、その物件の担当不動産会社から提示(勧められた)を受けた”不動産会社の提携ローン”を採用(契約)してしまっているのではないでしょうか。

そうなってしまう理由としては・・。

 

不動産会社が勧めてくれた金融機関の商品(住宅ローン)だから、安心かも。

と思えることも理由のひとつではありますが・・。やはり、なんといっても

 

不動産会社が提示してくれた住宅ローンなら、ローン審査が通りやすいのでは?!

と感じてしまうことも、大きな要因となっているのでしょうね。

また、「なんとなく、自分で住宅ローン商品を探して、手続するのが面倒だから」と言ったことも大きな理由のひとつとなっているのかもしれません。

ただ、それらは、誤った考え方(誤解)であることは、ぜひ、しっかりと認識しておいていただければと思います。

 

不動産会社の提携ローンとその他金融機関の住宅ローンとで、”審査の通りやすさ”に優位関係はありません。

まず、誤った認識をしないようにしておきたいのが・・。

「不動産会社の提携ローンの方が、その他金融機関の住宅ローンよりも審査が通りやすいといった関係性(優位性)は無い」ということです。

もちろん、案件によっては、不動産会社の提携ローンの審査が通りやすかったということも、あるものですが、提携ローンよりも、他金融機関の住宅ローンのほうが審査に通りやすかったということも、多いものです。

特別”不動産会社の提携ローンの方が優位性があるわけでは無い”ということなんですね。

 

住宅ローンは、提携ローンに拘らずに、全国単位で複数の金融機関商品(住宅ローン)を比較検討しましょう。

結論から先にお話すると、新築住宅を購入するときは、全国の金融機関を対象として、複数の金融機関の住宅ローンを比較検討するこ中から、選択することがお得なものとなります。

仕事を通じて、様々な実例と共に生のお話(住宅購入者の方からの話)を伺っていると、「金利の差」が多々存在していることがわかります。

住宅ローンの違いによっては、”100万円単位”で差が生じるケースも少なくありません。

ただ、新築住宅の購入を検討されている方の中には、すでに、不動産会社の提携ローンの審査を受けているケースもあるかと思います。

でも、ご安心ください。

一般的には、住宅購入に向けた、手続きとしては

 

*住宅ローンの仮審査(事前審査)

*不動産売買契約

*住宅ローンの本審査

*金銭消費賃借契約締結

 

といった流れとなります。

この流れの中で『金銭消費賃借契約の締結』をする前までなら、住宅ローンを見直しすることが可能なのです。住宅ローンの変更がOKということなんですね。

ですから、すでに、不動産会社の提携ローンの本審査を受けている段階の方であっても、これから、他金融機関の住宅ローンへと変更することが出来るのです。

ぜひ、一度は、住宅ローンの比較検討をしてみていただければと思います。

 

今、住んでいる住宅が「不動産会社から勧められた住宅ローン」であるなら、『住宅ローンの見直し(借り換え)』を検討してみいはいかが??

新築住宅の購入を控えている方だけの問題ではありません。今、住んでいる家の”住宅ローン”が、不動産会社から勧めらたものであるならは・・。一度、住宅ローンの見直しチェックだけでもしてみることをお勧めいたします。

現在、インターネットの普及に伴って、住宅ローン市場も大きく変化しているんですよね。

家の最寄りの金融機関などに、こだわることなく、全国各地の金融機関の商品(住宅ローン)を検討・採用することができるようになったからです。

 

”どの住宅ローン商品が最善なのか?”

 

は、「購入者条件(年収、年齢、職種など)」「住宅条件(構造、立地、広さなど)」によって、違いが存在しているもの。Aさんにとっては、X住宅ローンが最適であったとしても、Bさんにとっては、Y住宅ローンの方がお得になるということは、多々あることなんですね。

不動産会社の提携ローンの場合は、そこまで、詳細な検討がされていないもの。

住宅ローンを見直すことで、”数百万円単位”の削減(得する)が出来たという事例も少なく内容です。

 

住宅ローンの比較検討をする上で効果的な情報サービス。

ただ。住宅ローンの比較検討を自分で行うのには、多くの労力と知識も必要となるものです。

そこで、おすすめとなめのが金融機関と直接関係性の無い、第三者の専門的な立場で、全国の住宅ローン商品を比較検討することが出来るサービスの活用です。

こちらの全国120銀行からベストな住宅ローンを選べるモゲチェック・プラザがおすすめに。

住宅ローンの専門家が相談に乗ってくれるもので、全国120銀行からベストなローンを選択・提示してくれます。

*新規住宅ローンの検討の方は、こちらをご参照ください。

*住宅ローンの見直し・検討の方は、こちらをご参照ください。

 

最安の住宅ローン・最良の住宅ローンが選べるサービスとして、NHKクローズアップ現代などでも、取り上げられ話題となっていますので、すでに知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

まずは、実際にどのようなお得な住宅ローンが存在しているのがとうかを”無料相談”してみてはいかがでしょうか。

無料相談は、店舗(対応可能な店舗数に限りがあります)でも出来るようですが、対応店舗数が少ないので、やはり便利なのは、”無料電話&メール相談”の活用です。

無料相談の申し込み画面から、必要事項を記入して、メール送信するだけで、相談が可能となります。これなら、全国各地からも対応可能とに。

 

もうひとつ、このサービスのメリットとなるのが

*面倒な手続きを任すことが出来る

ということです。

例えば、不動産会社の提携ローンの審査を行っている段階にて、他の住宅ローンに切り替えるといったことを不動産担当者に伝える&折衝することは、面倒といいますか・・なんとなく気後れしてしまうものですよね。

そんな不動産会社との打ち合わせにも「立ち会って」もらえるのです。住宅ローンのプロが。

これは、思いの外、嬉しいサービスとなるものです。不動産会社の担当者とも、上手くお付き合いを継続することが可能となりますからね。