外壁塗装
Pocket
LINEで送る

戸建住宅の修繕が必要となる「新築10年後~15年後」の時期。

住宅は、かならずある程度の時期が来たときに、補修・修繕しなければいけない要素が存在しています。実際には、土地環境・自然環境・使い方によって、住宅の傷み具合には大きな違いがありますので、基本的には個別に判断(調査)していく必要があるのですが・・。

それでも、住宅の補修・修繕が必要となるタイミングとしては「新築から10年後~15年後」を最初の目安と考えておいていただければと思います。

この時期に差し掛かったら、まずはご自身の目で住宅状態を目視検査してみましょう。「基礎回り」「外壁」「床下の給排水設備」の3要素は、目視チェックが必須な要素と考えてください。これらの要素は、トラブルが生じてから、対処したのでは、多額な費用がかかることになりやすい要素。大きな損傷が無い時点で、補修をしておきたい要素なのです。

 

建売住宅の場合、新築時から外壁(主に目地コーキング)に不具合が存在するのも少なくないのです。

近年の建売住宅は、良く言えば、「割と品質が均一化」されています。住宅に使用されている各種建材などは、どの住宅でもほとんど同じものが使用されているもの。柱や梁などの構造部材も木材仕様・サイズなども概ね、同じようなものが活用されています。

それゆえに、施工が効率化・簡素化され、住宅価格を抑えることが出来ているんですね。このことは、とても良い要素。ただ、メリットがあればかならず、デメリットと呼べる要素も創出されてくるもので、施工が簡素化されているというのは、ある意味「模型をつくる感覚で、住宅が建設されている」とも言えるんですね。

ゆえに、わりと住宅が安易に作られてしまう傾向があるのです。簡単に言えば、「丁寧さに欠けた住宅施工」となりやすいということ。実際に、新築建売住宅において、丁寧さに欠けた施工部位は、注文住宅や新築マンションなどと比較すると確率的に多く存在しています。

そんなひとつの要素として、「外壁の目地・コーキングの施工が丁寧でない(不具合がある)」住宅が案外多く存在しているのです。そんな住宅では、「10年後~15年後」まで、外壁のコーキングが持たないことも。

 

 

サイディングボード仕様の外壁と防水シートの関係!

 

近年の木造戸建住宅では、外壁に「サイディングボード」が多用されています。少し構造的な話となりますが、サイディングボードの裏側には、「空気層(換気層)」と呼ばれる隙間があって、そこに、「防水シート」が貼られています。

ですから、サイディングボードのコーキング劣化に伴って、雨水がサイディングボード内に侵入したとしても、即住居内への雨漏れとなるわけではないことは、覚えておいていただければと思います。サイデングボード裏に侵入した水は、空気層を伝わって下部から排出されるような構造になっているんですね。

このような構造となっていることもあって(その安心感から)、新築時のコーキング施工に丁寧さが欠けることが生じやすいのです。

ただ、時折そんな不適切なコーキング施工状態にも関わらず、「雨水は入らないので大丈夫ですよ」と簡単に言ってしまう施工者がいたりするのですが、それは大きな間違い。そもそも「防水シート」というのは、放水性能はあるのですが、その防水性能を過信してしまってはいけないもの。それほど、強い防水機能を有しているわけではないのです。

あくまでも、「外壁(サイディング)+防水シート」の組み合わせによって、防水性能を構築していますので、外壁のコーキングは、しっかり丁寧になされていることが必須なのです。

 

外壁のコーキング劣化は、早めに修繕対処しておきましょう!

一般的な戸建住宅では、「サイディング外壁」「左官仕上げ+吹き付け塗装外壁」のいずれかとなっていることが多いものです。サイディング外壁の場合には、「コーキングの劣化」が。左官仕上げ・吹き付け塗装外壁の場合には、「外壁のひび」「塗装剥がれ」が雨漏りに繋がる大きな要因となります。

ゆえに、そんな状態が目につくようになってきたときには、外壁の修繕を検討することをおすすめいたします。

 外壁修繕

 

外壁塗装・修繕業者を選ぶ上での注意点!!

外壁塗装・修繕をご検討する時に、注意が必要なのが、「業者選び」です。昔から、問題となっているのですが、多くの業者は良心的な施工会社なのですが、一部に”ぼったくり”と呼べるほどの、ひどい業者が存在しているということ。

修繕技術も低ければ、価格も超割高となっていたりするんですね。本当であれば対処不必要な範囲なまで、施工範囲を広げて、多くの工事費用を請求しようとする・・そんな劣悪な業者が「外壁塗装・修繕」カテゴリーに存在していることは、ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

そんな業者を選んでしまわないようにするためには、『複数の業者から修繕見積もりを得ること』が必須。実際見積もり比較をするとわかるのですが、「20万円~100万円」もの差額が普通に生じてきます。もちろん、安ければ良いというわけではありませんが、高額な請求となっている業者は、除外したいものです。

外壁目地

 

 外壁修繕業者を選ぶ上で活用したい「見積もり比較代行」

 

ただ、実際に見積もり比較をしようと・・数社に連絡を取ってしまうと・・その後各社から「営業電話」が頻繁にかかってくることになるんですよね。それが正直、かなり煩わしいかと。

そこでおすすめなのが、「見積もり依頼を代行してくれるサービス」の利用です。それがこちらの外壁塗装一括見積依頼サービスです。もちろん、見積もり依頼自体は無料です。他にも「一括見積サイト」と呼ばれているものがいくつかあるのですが、一般的な一括見積もりサイトの場合、入力したら電話番号がいろいろな業者に渡り、多くの業者から営業の電話がかかってくることがあるんですよね。

それなら、自分で各業者に見積もり依頼しているのと同じこととなってしまいます。そんな心配ががないのが、こちらの外壁塗装一括見積依頼サービスの特徴なんですね。実際のメリットや詳細な特徴などは、こちらをご参照いただければと思います。

 

sponcord-link