電力

生活で使用するエネルギーを選択できる時代に!

 

日本において、いままで最も不自然さを感じさせていたのが「生活に関するエネルギーを自分で選択できない」ことでした。住まう場所が決まると、必然的にそこで使用する「電気、ガス、水」などのライフラインと呼べる生活必需要素の供給先が決まってしまうのです。

東京に住めば、電気は「東京電力」から、ガスは「東京ガス」からと供給先が固定化されてしまうわけです。(詳細に言うと、ガスなどはプロパンを選ぶといった選択肢も多少はありますけどね。)

戦後のライフラインがまったく整っていない状況から、ライフラインの整備を行っていく上では、この事業者の固定化は有効な手段となっていたものと思います。ただ、すでに十分ライフラインの整備が進んだ現代では、「多様化」が大きなキーワードとなるもの。生活にとって必需品となる要素にも多様化(選択肢)が求められていました。

そんな中、2016年は、大きな節目を迎えることとなります。2016年4月から、電気の供給先となる「電気事業者」を選択できるようになります。(電力自由化)やっと時代に適した制度が誕生することとなるんですね。

ちなみに、「ガス」も来年2017年4月から電気と同様にガス事業者を選択できるようになる予定です。

sponcord-link

 

「エネルギーの自由化」を実らせるためにも、すべての家庭(国民)が自分の意志で電気事業者を選択する必要があります!

 

電力自由化(エネルギーの自由化)の制度が作られ、始動したとしても、それを本当の意味で効果的なものとするためには、「すべての家庭(国民)がしっかりと自分の意志で電気事業者を選択する」ことが必要となります。

これがとっても大切なんですね。国民一人ひとりがしっかりと「選択をする」という意志を示す(制度を積極的に活用する)ことが重要なのです。

「制度」は出来たばかりのときには、まだまだ不完全なもの。推進する中で現状に合わせて改善していく必要があるのです。「エネルギー自由化」という制度を実らせることができるかどうかは、国民ひとりひとり行動(意志)にかかっているといっても良いのかもしれません。

そうすることで、電力事業者の改善にも繋がりますし、なんといっても、「電気価格の低減」にも繋がっていく可能性があるもの。きちんと意志をしめしましょうね。「検討することも無く、なとんなく、このまま同じ電力会社のままで・・・」といった、「なんとなく」は絶対にダメです!

同じ電気事業者を継続するにしても、きちんと比較検討などをした上で、電気事業者を継続していくことが大切なんですね。せっかくの良き制度を育んでいく義務があるのですから。

 

選択の基準は人それぞれ。「価格」「自然エネルギー」など

 

電力事業者を選択する上での基準といいますか、何に価値を置くのかは、人それぞれでいいものと思っています。「価格」を最重視するのも当然大切な要素ですし、「発電方式」を意識して、電気事業者を選ぶのも良いものと思っています。

ただ、少し残念なのが、現時点では「採用する発電方式を明示する義務が無い」ということ。事業者にょっては積極的に発電方式を明示しているところもあるのですが、義務化はされていないのでねまだまだ未表示の事業者のほうが多い状況です。

これらは、今後国民からの問い合わせや要望が多くなれば、必然的に義務化の要素となっていく可能性もありますからね。そういう意味でも、国民ひとりひとりがしっかりと健闘していくことが大切なのです。

ちなみに、私は「東京電力の管轄下」。これまでは、「福島原発事故の問題(対応)」「原子力発電への不満(不必要だと思っています)」を持っていても、それに抗う手段がありませんでした。

でも、これからは違います。「東京電力」という事業者を選ばないことで、強い意志を示すことが可能となるからですね。「原子力発電には絶対に反対」というのが、私の考え方。ゆえに、原子力発電を利用していない電気事業者を選ぶという形で、意志を示したいと思ってるのです。

sponcord-link

 

電力事業者を比較検討すること!

 

そこで、まずは「電力事業者をどのように比較検討するか」が大きなポイントとなりますよね。今後、そのような情報サイトなども増加していくものと思っていますが、現時点では、こちらの新電力比較サイト「新電力 一括.jp」が比較検討をする上で効果的かと感じています。

まずは、なんといっても「価格」を比較することは大切な要素となるもの。電気料金というのは、条件(住宅環境など)が異なると基本料金でけでなく、加算料金単価も変動します。正直、簡単には試算しにくいんですよね。

ゆえに、各家庭の条件を示した上で、実際に「電気料金の試算」を各事業者に行ってもらうのが一番良い方法となるのです。そのために有効なのが新電力比較サイト「新電力 一括.jp」の利用なんですね。

自分が気になっている電気事業者を複数選択した、一括して価格を比較検討することが可能なのです。(見積もり比較)もちろん、無料で活用できますのでご安心を。多様な電気事業者が参画してきていますので、このようなサイトを通じて情報収集してみてはいかがでしょうか。